Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

積木

 
小さな積木をつみあげるように
僕達二人は生きてきた
僕が何度もこわしてみても
つみあげてくれた君よ
若い夢は春にうかんだ
シャボン玉のようなもの

あああ 僕の胸をかきむしるのさ
たいくつな会話が
ナイフのような言葉のかけら
やさしい君を冷たく傷つけた

あじさい色の空の下でも
身を切るような風が吹く
きまり文句でなぐさめあって
あたたかさを求めていた

本当の事に目を向けるより
うなずくだけでよかったのに
つかれるだけの議論のすえに
積木の城はくずれた
とめたつもりの古い時計は
動きつづけていたのさ

あああ 僕の胸をかきむしるのさ
たいくつな会話が
ナイフのような言葉のかけら
やさしい君を冷たく傷つけた

君の乗りこむ最終列車
プラットホームにすべりこむ
言葉はいらない わかってるから
旅立ちのときだから

想い出のにじむその夜の街は
仮面をつけた人々の
子供じみた笑い声さえも
僕にふさわしいのかな
なにかあればすぐに手紙を
いつも待っているからさ

あああ 僕の胸をかきむしるのさ
たいくつな会話が
ナイフのような言葉のかけら
やさしい君を冷たく傷つけた

小さな積木をつみあげるように
僕達二人は生きてきた
僕が何度もこわしてみても
つみあげてくれた君よ