Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

東京組曲

 
あの頃君と話した夢の続きを見るために…

中央改札をぬけて いつもの帰り道
今日も何もないままに 終わっていきます
半ば慣れてきてる 自分が嫌になります
僕は何のために 東京へ来たんだろう

今夜は星がきれい オリオン座が見えます
君がいて僕がいた 故郷の空のようです
ガードレールに座って ぼんやり眺めてたら
涙がこぼれてきました

夢を追い駆けていたつもりだけど
気付けば現実に追われるだけの日々になっていた

東京は花吹雪舞う夢舞台 今でもそう信じている
凍てついた冬の風 花は咲きそうにないけど
拝啓:挫けそうになった時には 君の声を思いだしてます
どんな時もそばにいてくれた 君のその声を

思いだす白樺並木 遠き冬の落陽
お互いの秘密ごと 打ち明けた通学路
君にならどんなことも 話せるような気がした
初めてそう思えたひと

東京に行くことを 僕が決めた時も
一番の理解者でいてくれたのは そう君でした

「頑張れ」と泣きながら君がくれたエール 旅立ちの朝にくれた言葉
消えないように 痩せないように 何度でも心に描く
拝啓:あれからずいぶん経ちますが 僕は何とか『頑張って』います
どんな時も応援してくれた 君の声を抱いて

今日もこの街から どれだけの夢たちが 光を失ってしまったのだろう
そしてどれだけの夢たちが 光を手に入れたのだろう…

冬枯れたこの都会の片隅にも ほらあの星座は輝いてる
君と隣り合わせでよく見てた あのオリオン座の光

東京は花吹雪舞う夢舞台 迷いもなく信じている
今はまだ冬の風 花は咲きそうにないけど
拝啓:いつの日か夢叶えたとき 君に最初に会いに行きます
どんな時もそばにいてくれた君へと 最高の笑顔連れて行くから