Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

君の声

 
見慣れた景色さえ どこか違う
これが成長の証なら 僕はあの日に帰りたい

大切な記憶も ぼやけていく
背中越しはしゃぐ君を 未だ追いかけている

「冬を過ぎればまた此処で、会えるよね」と
涙こぼした君を僕はいつ気付かずに 通り過ぎたの

さよなら 二人の夕暮れが 輝きすぎた日々
憧れが空へ還るとき やけに響く歌がある
聞こえてた筈なのに 聞こえなくなったもの
それはもう2度と戻らない 君の声だろうか

点いたり消えたりの 街灯のよう
移ろう心は流れ 最後ここへ留まるなんて

笑顔でいることを 辛くは思わない
さりげないキスみたいに うまく立ち回っているだけ

擦れたメロディーの先に 何があるか
なんとなく知っていても 歌い続ける それだけでいい

さよなら ナミダこぼれても 夢は輝いてる
君がこの街へ帰るとき 僕はまた違う街へ
想いを馳せたノート ここに置いておくよ
どうせ君は見つけられない わかっているけれど

眠りに堕ちるとき いつも考えてる
夢の中だけでも会いたいよ 届くことのない祈り
聞こえてた筈なのに 聞こえなくなったもの
それはもう2度と戻らない 君という光

新しい日々のその中で 夢を忘れないで
君がこの街へ帰るとき また探しに来よう
僕の涙拭う そんな君の声を…