Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

第二幕

 
片隅の客席 あなたに向かい
愛を歌った あれは十九の夢を見た頃
一輪のバラさえ花束に思え
ささやかな輝きさえもふたりを照らした

愛は私の強さになったわ
傷つけながら求めあった
飾る言葉もどんな約束も
愛に色あせていったの
でもいつか幕は下りて
違う道のりを歩いてた

どこの空の下で暮らしているの
風の便りも今は届かず 旅から旅へ
あなたがいつだって座ってた席は
遠すぎて見えないけれど
この歌を聴いて

誰かをきっと愛すことでしょう
その人なりに心こめて
想い出なんて時のいたずらと
すべてこの胸におさめて
ほら幕が上がりだすわ
あなたを思って目を閉じる

愛は私の強さになったわ
傷つけながら求めあった
飾る言葉もどんな約束も
愛に色あせていったの
でもいつか幕は下りて
違う道のりを歩いてた