Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

景子

 
私たち お似合いの 恋人と呼ばれてたんよ
二人して夢一つ 見つめ心つないでたんよ
過ぎ去ってゆく季節 叶わんのんが夢なんやと
くり返し教えても あきらめんかったは嘘やない
私 女やから いつまでも待とうと決めてたんや
いかんのんか いかんのんか 恋人のままじゃいかんのか
あの男(ひと)の唄 聞いた人 皆 涙 流してくれるまで

それやのに 父さんは あの男(ひと)を家に呼びつけて
長すぎる春はいつ 終わりにするんか 責めよった
景子はもう若くない 本当にこの娘が好きなら
売れん唄あきらめて まともな仕事をしたらどうや
いやな 実は景子にな いい縁談話が来てるんや
すまんけど すまんけど この子と別れてほしいんや
父さん両手 畳につけて 頭下げたまま泣きやった

母さんも泣いていた 私も いややと泣いた
唇を噛みしめて あの男(ひと)も背中で泣いていた
家を捨てて 親も捨てて ついて行こうと決めてたんよ
それやのに あの男(ひと)は 黙ってこの街を出て行った
私 あの男(ひと)の子供 本当は…
言えんかった 言えんかった 苦しませるのがつらいから
悲しいくらい 夢追いかけて 他に何も見えへん男(ひと)やった

あの男(ひと)のコンサート 今夜この街でありますと
買い物の帰り道 白い車が教えて行った