検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

僕から君へ

 
事の結末は案外先延ばしになって
僕らの確信も膨らんではしぼんでしまうから

誰だって自分が歩いてる実感が欲しくて
振り向いては止まり積み重ねを確かめているよ

大人になれない子供達を乗せた汽車は
諦めきれない理想とこっちを行ったり来たりさ

理解も納得もするわけなくて
それを言葉にもできなくて
だましだまし歩いてはいるけど
汽車は僕の頭上空高く走っていく

どこへ行くのかな

進めてない理由は丈夫なブーツがないから
馴染めないんだずっと セオリー通りの成長過程?
悔しくて僕は裸足になって爪先立ち
思ったよりも強くこの足で歩けるみたいだ

砂ぼこりに君の踏み出した足跡を見つけた
汽車の車窓から転げ落ちたあの日誓った事

ぶら下げるだけの夢ならいらない
歩みを止める言い訳もやめた
背中合わせに歩きだした僕ら
頭上の空は同じ冷たさで続いていく

誓いの歌が聞こえる

早くもっと早く
僕の足が地平線へ向かう
君に聞こえるように
迷いも憧れも希望も弱音も
同じ空の下で歌う

遠くなるほどに君の背中は
強く大きく確信になった
振り返ればそんな君が見えて
僕は僕の地平線を目指さなきゃ

理解も納得もしなくていいや
わかったフリなんて僕はしない
汽車はどこかで汽笛を鳴らして
僕らがふと頭上空高く見上げた未来

誓いの歌が聞こえる