検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

西野カナ

あんまり言わないけど、あなたのこと頼りにしてるんだよ。

 2018年9月12日に“西野カナ”がニューシングル『Bedtime Story』をリリースしました。今作に収録されている新曲は、是非みなさんに“夜”聴いていただきたい3部作となっているんです。まずタイトル曲「Bedtime Story」は、9月14日公開の中条あやみ主演映画『3D彼女 リアルガール』主題歌。歌詞は<むかしむかし、あるところに、不器用な男の子と、少し気の強い女の子がいました。>と、絵本風のフレーズで幕を開けます。

違う世界に住んでいたふたりは、ある日偶然出会い、
恋に落ちました。

男の子はやさしくて、いつも振りまわされて、
女の子は手紙で、いつも謝りました。

星が降るある日のこと。
男の子は手をとって、こう言いました。

“愛してる。誰よりも、君が思うよりも。
いつだって、君のことで心はいっぱいなんだよ。
頼りないかもしれない、でも必ず守るから。
ああ、どうか僕のそばに、
ずっと僕のそばにいてほしい。”
「Bedtime Story」/西野カナ

 そして、描かれてゆくのは映画の世界観とリンクする、男の子と女の子、両方の一途な想いです。ある日、違う世界に住んでいた二人が恋に落ち、男の子が愛を告げる。やがて月日が流れて、歳をとっても、男の子は同じ愛を告げる。さらに<いばらの道を何度もきり抜けて、時に嵐と戦って、どんな時だって互いに手をとり合って、いくつも大きな奇跡を起こして>今度は、女の子から変わらぬ愛を告げる。

 そうやって、時には傷つきながら、時には髪を乱しながら、それでも<手をとり合って>幸せのために前に進んでゆく、二人の“愛の冒険家”のストーリーを読み聞かせるように表現されているのが、この歌なんです。寝る前に聴けば、心はロマンティックな絵本の世界に連れて行ってもらえますし、いつか子どもが生まれたら“お母さんとお父さんの物語”として聴かせてあげるのも素敵ですよね…!

キャンドルに火をつけて
ラズベリーのバブルバスで
あっという間に広がる
私だけの世界

あぁ なんていい香り
さぁ急いでドアを閉めて
ここから先は誰にも
邪魔はできないわ

湯けむり バスタブに沈むため息
たいへんよく頑張りました
今日の反省も腑に落ちないことも
全部泡になって消えてゆけ

シャララララララ シャンゼリゼ ボンソワール
気分はマドモアゼル
残念ながら落ち込んでないわ
とっても忙しいの
ごめんあそばせ Merci
「バスタイム・ソング」/西野カナ

 さて、ニューシングルの2曲目に収録されているのは、帰ってお風呂に浸かりながら聴きたくなる「バスタイム・ソング」です。この歌の<私>の<ここから先は誰にも 邪魔はできないわ>や<残念ながら落ち込んでないわ>といった言葉遣いは、どこか「Bedtime Story」の<少し気の強い女の子>に重なる気もします。とはいえ、現実では絵本の中のような出来事はなかなか起こりません。

 だからこそ<私>は、自分で<キャンドルに火をつけて ラズベリーのバブルバスで>トクベツなお姫様タイムを作っているのです。きっと<湯けむり バスタブに沈むため息>には、仕事での疲れが詰まっていることでしょう。目も疲れたし、足もパンパンだし、心は<今日の反省>でモヤモヤするし、耳には誰かからの<腑に落ちない>叱咤が残っているし…。だけど、バスルームのドアを閉めれば、なかは<誰にも邪魔はできない>まるで絵本の国!

 乾いた瞳は<キャンドルの火>で輝き、疲れた脚は<ラズベリーのバブルバス>で癒され、胸いっぱいに<いい香り>が広がります。ご機嫌に<シャララララララ シャンゼリゼ ボンソワール>と口ずさめば、たちまち<気分はマドモアゼル>です。五感が満たされ、嫌なことは何もかも<全部泡になって消えて>、落ち込んでいる暇なんてないくらい。現実を生きる女の子はこうして自分だけのお姫様タイムを作ることも、幸せの秘訣なのだと思います…!

ムニャムニャ言って笑ってる
本当に幸せそうに
あれこんなとこにホクロなんてあったかな?
まつ毛長いな
こうやって見てるとなんだか子供みたい
可愛いな
静かにそっとおでこにキスをあげよう
明日も頑張ってね

いつも思ってるけど
あんまり言わないけど
あなたのこと頼りにしてるんだよ
おやすみ Baby

いつも思ってるけど
あんまり言わないけど
今日もそばにいてくれてありがと
おやすみ Baby
「おやすみ」/西野カナ

 ニューシングルの3曲目に収録されているのは、寝る前のひとときのラブソング。眠っている<あなた>を愛おしく見つめる女の子の姿が見えてきます。こちらもなんだか「バスタイム・ソング」と同じく「Bedtime Story」の女の子に重なりそう。あの歌で<頼りないかもしれない、でも必ず守るから>と言っていた男の子に対して<少し気の強い女の子>は、この歌でこっそりと<あなたのこと頼りにしてるんだよ>と想っているのです。
 
 つまり「Bedtime Story」が<むかしむかし>の絵本風ラブソングだとすると、「おやすみ」はその“現代版”の続編とも言えるのではないでしょうか。そして、一途な想いは変わらず、現代版でも続いているようですね…!聴けば、幸せな気持ちになること間違いなしであるニューシングル3部作。さっそく今夜にでも、歌詞をじっくり味わいながら、ゆっくりと眠りについてください。

◆紹介曲「Bedtime Story」
作詞:Kana Nishino
作曲:Katsuhiko Yamamoto

◆紹介曲「バスタイム・ソング」
作詞:Kana Nishino
作曲:Takashi Yamaguchi

◆紹介曲「おやすみ」
作詞:Kana Nishino
作曲:Kentaro(Andersons)・Dominika(Andersons)

◆New シングル「Bedtime Story」
2018年9月12日発売
初回生産限定盤(CD+DVD) SECL-2327~2328 ¥1,667+税
通常盤(CD) SECL-2329 ¥1,204+税