検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

中島みゆき

もいちどはじめから、ただあなたに尽くしたい

 2017年8月23日に“中島みゆき”のニューシングル『慕情』がリリースされました。タイトル曲は、倉本聰×テレビ朝日が贈る帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』の主題歌。連日高視聴率をしているこのドラマは、大人の、大人による、大人のための“シルバータイムドラマ”です。家族や恋、遺産、過去への想い、芸術への心残り、そして死への恐怖…。シニアたちが直面する様々なテーマをもとに、物語が繰り広げられてゆくのです。

愛より急ぐものが どこにあったのだろう
愛を後回しにして何を急いだのだろう
甘えてはいけない 時に情は無い
手離してならぬ筈の何かを 間違えるな
振り向く景色はあまりに遠い
「慕情」/中島みゆき

海から産まれて来た それは知ってるのに
どこへ流れ着くのかを知らなくて怯えた
生き残る歳月 ひとりで歩けるかな
生き残らない歳月 ひとりで歩けるかな
限りない愚かさ 限りない慕情
「慕情」/中島みゆき

 その『やすらぎの郷』に、中島みゆきが捧げたのがこの歌です。これまで歩んできた道を振り返ることで、今の自分の立っている場所を知る。そんな心情が描かれた歌詞となっております。愛を後回しにして、愛より急いだものとは、仕事で結果を出すことであったり、地位や名誉を得ることであったり、人それぞれでしょう。それを叶えるため、時に愛が邪魔になることもあったはず。だから、恋人より、友人より、家族より、自分の夢をとことん追求して生きるという方もいらっしゃるのでしょう。その生き方だって、決して間違いではないと思います。
 
 でも、シニアと呼ばれる年齢になってみて、自分と夢の抜け殻だけが残された現実に、途方もない空しさや淋しさを覚える感覚も、想像できるような気がしませんか? <生き残る歳月 ひとりで歩けるかな 生き残らない歳月 ひとりで歩けるかな>…そのような漠然とした不安に襲われるとき、溢れてしまうのが、誰かを恋い慕う気持ち【慕情】なのではないでしょうか。しかし、歌詞に綴られているように、時に情はなく、もう<振り向く景色はあまりに遠い>のです。

もいちどはじめから もしもあなたと歩きだせるなら
もいちどはじめから ただあなたに尽くしたい
もいちどはじめから もしもあなたと歩きだせるなら
もいちどはじめから ただあなたに尽くしたい
「慕情」/中島みゆき

 だからこそ、中島みゆきは「慕情」のサビで、叶わなかった分の愛を惜しみなく歌うのでしょう。フレーズにはきっと後悔や諦めだって含まれています。でも、そんな自分の人生の全てを受け入れた上で<ただあなたに尽くしたい>という【慕情】を抱きながら、いつか流れ着く場所へと歩んでいく姿からは、命の強さと美しさがひしひしと伝わってくるのです。もしもはないけれど、もしもはないから、よりいっそう、愛することの尊さが胸を打ちますね…。

「くよくよなんてしなさんな 昨日は昨日
見せたい海があるの 知らなかったでしょう」
君が今新しさを僕に教えてる
皆、 人生は素人(しろうと)につき
皆、 人生は素人(しろうと)につき
「人生の素人」/中島みゆき

 そして、「慕情」とセットで聴いていただきたいのがこのカップリング曲「人生の素人」です。「慕情」が“過去”を以って“今”を見つめるものだとすると、「人生の素人」は“今”を以って“未来”を見つめる楽曲です。いくつになっても<皆、 人生は素人(しろうと)につき>…。ドラマ『やすらぎの郷』の人々の心にも、深く刺さることでしょう。シニアの方のみならず、10代にも20代にも、どんな世代にも響くニューシングル、是非、じっくりとご堪能ください。

◆ニューシングル「慕情」
2017年8月23日発売
YCCW-30064 ¥1,000(本体)+税

<収録曲>
01. 慕情
02. 人生の素人(しろうと)
03. 慕情(TV-MIX)
04. 人生の素人(しろうと)(TV-MIX)