検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

Mr.Children

逢いたくなったときの分まで、寂しくなったときの分まで。

 7月17日から放送がスタートした『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』の初回平均視聴率が16.3%を記録して好発進…!今回も山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介らが勢ぞろいしており、久しぶりに集結した5人の姿に胸がアツくなった方、多かったのではないでしょうか。そして、そんなドラマの熱量をより一層高めるのが、Mr.Childrenの主題歌「HANABI」です!あのイントロが流れた瞬間に、思わず涙腺がゆるみますよね…。

 ドラマのプロデューサー・増本淳さんは「HANABIという曲は言うなれば6人目の登場人物というか、あの5人の若者と一緒に1stシーズン、2ndシーズンと歩んできた、もはや『コード・ブルー』に欠かすことのできない登場人物の一人と言えます。新シーズンを始めるにあたり、より高みを目指して変えていくべき部分と、『コード・ブルー』が『コード・ブルー』であるために変えてはいけない部分とがあると感じていました。このHANABI はその変えてはいけない部分の一つであると思っています」とコメントしておりましたが、そのとおりだと、早くも初回から痛感させられました。

さよならが迎えに来ることを
最初からわかっていたとしたって
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
何度でも君に逢いたい
「HANABI」/Mr.Children

 歌ネットでは、放送直後から歌詞アクセスが集中し、この曲がリアルタイムランキングの首位を独走。デイリーでも、5位にまで急上昇しました。さらに、お気に入りのフレーズを投稿するコーナー【コトバのキモチ】の週間ランキングではサビ部分のフレーズが1位に!すでにミリオンリリックとして歴代人気曲に認定されている楽曲ですが、この夏、再再燃すること間違いなしですね!尚、現在インタビューを掲載中のバンド"忘れらんねえよ"の柴田隆浩さんは、取材で心からのミスチル愛を語ってくださいました。今日のうたコラムでは彼の言葉を借りながら、「HANABI」のフレーズを今一度、噛み締めてみます。

どれくらいの値打ちがあるだろう?
僕が今生きているこの世界に
すべてが無意味だって思える
ちょっと疲れてんのかなぁ
「HANABI」/Mr.Children

考えすぎで言葉に詰まる
自分の不器用さが嫌い
でも妙に器用に立ち振舞う自分は
それ以上に嫌い
「HANABI」/Mr.Children

 柴田さんは「まず、桜井さんは大体どの曲でも最初に『こういう気持ちでいるでしょう?』って問い掛けてくれるんですけど、その精度と深さがハンパないんですよ。はい!そうです!って感じですよね」とおっしゃっていましたが、「HANABI」の1番2番の冒頭もまさに…。とくに、ドラマの放送日である月曜なんて、これからまた一週間が始まるため、憂鬱になりやすく<すべてが無意味だって思える ちょっと疲れてんのかなぁ>と思わずため息をついてしまいます。そして、そのブルーが様々な自己嫌悪に繋がってゆくんですよね。
 
 その誰にも言えないようなやるせない気持ちを理解してもらえるだけでも、十分に救われます。しかし、ミスチルの歌詞はそこに留まりません。「桜井さんがすごいのは、そこから先の解決策もちゃんと教えてくれるところなんです。ものすごく美しい例えで、その希望を提示してくれるんですよ。『それならこっちにいけばいいんだよ』って、とっても美しい“こっち”にやさしく連れてってくれるんですよね。そこが素敵すぎる」と柴田さんは語りました。

滞らないように 揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら

逢いたくなったときの分まで
寂しくなったときの分まで
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
君を強く焼き付けたい
誰も皆 問題を抱えている
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
「HANABI」/Mr.Children

 その涙が出るほど美しい“こっち”が描かれているのが、サビ部分でしょう。<どれくらいの値打ちがあるだろう?>、<一体どんな理想を描いたらいい? どんな希望を抱き進んだらいい?>…そんな問いかけにいつまでも答えは出ることはありません。でも、それでも、花火のように輝く<君>という存在があるから、<もう一回 もう一回>と手を伸ばし、明日に少し期待するのでしょう。この世界が時々とても美しく見えるのでしょう。
 
 その<君>とは大切な“誰か”なのかもしれませんし、大事な“何か”なのかもしれません。ただ<僕>を生かす希望の花火であるということは間違いありません。(柴田さん、本当に、素敵すぎる歌ですよね…!) すべてが無意味だって思えるような月曜の夜でも、『コード・ブルー』を観て「HANABI」を聴くだけで、なんだか明日からまた頑張れそうな気がしてきます。是非、ドラマを観終えた後には歌詞をチェックして、何度でも味わってみてください!