検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

スピッツ

らしくない自分になりたい、不思議な歌を作りたい。

ここにいれば大丈夫だと信じてた
水槽の熱帯魚から離れられなくなっていた
僕が僕でいられないような気がしてたのに
「ヒバリのこころ」/スピッツ

 1987年に結成、1991年3月にシングル「ヒバリのこころ」&アルバム「スピッツ」でメジャーデビューを果たした“スピッツ”が今年で結成30周年!そして2017年7月5日、アニバーサリーイヤーを記念したシングル・コレクション・アルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30tAnniversary BOX-』がリリースされました。さて、今作には新曲が3作も収録されているのですが、いずれの歌詞にも“草野マサムネ”ならではのエキスがたっぷり染み込んでおります。

こんな気持ちを抱えたまんまでも何故か僕たちは
ウサギみたいに弾んで
例外ばっかの道で不安げに固まった夜が
鮮やかに明けそうで
「歌ウサギ」/スピッツ

 まずは、生田斗真×広瀬すずによる少女コミック実写化映画『先生!』(10月28日公開)の主題歌として書き下ろされたこの曲。恋をしているとき、心が軽やかに小刻みにぴょんぴょん跳ねるような感覚は、みなさん実感したことがあるのではないでしょうか。それを<ウサギみたいに弾んで>というフレーズがピタリと言い表していますよね。このように草野さんは、人間の言動や気持ちや性質を他の“生き物”に例えることが非常に多い模様。冒頭でご紹介したデビュー曲「ヒバリのこころ」もまた然り。

 シングル・コレクション・アルバム収録曲の歌詞を読んでみても、「魔女旅に出る」には<猫の顔でうたってやる>と、「流れ星」には<君の心の中に棲むムカデにかみつかれた>と、「遥か」には<君と巡り合って もう一度サナギになった>と、「つぐみ」には<海原を渡っていく 鳥のような心がここに在る>と、「シロクマ」には<すごく疲れたシロクマです>と、綴られております。他にも、蝶、サル、エイなどなどが登場…。

 心や身体はときに、人間という枠なんかじゃ収まり切らないくらい、無防備に、剥き出しに、本能丸出しになることがあるのでしょう。そのはみ出した“何か”を、上手く他の生き物の命で表現するのが、草野さんの技なんです。さらに今作の収録曲を聴いていると、スピッツの歌詞には、頻繁に登場するワードがあることに気がつきます。それはまたデビュー曲「ヒバリのこころ」にも綴られている言葉。“気がする”と“信じる”です。

「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ
「チェリー」/スピッツ

一度きりなら 届きそうな気がしてた
「冷たい頬」/スピッツ

不器用なこの腕で 届きそうな気がしてる
「ルキンフォー」/スピッツ

ひからびかけていた僕の 明日が見えた気がした
「流れ星」/スピッツ

すぐに飛べそうな気がした背中
「遥か」/スピッツ

ささやく冗談でいつも つながりを信じていた
「渚」/スピッツ

他人と同じような幸せを 信じていたのに
「楓」/スピッツ

まだ続くと信じてる 朝が来るって信じてる
「さらさら」/スピッツ

すれ違う微笑たち 己もああなれると信じてた
「みなと」/スピッツ

 スピッツの楽曲の多くには、強さと儚さのどちらも含まれているように思いますが、もしかしたらそれは“気がする”や“信じる”といった言葉の力が働いているからなのかもしれません。仮に<「愛してる」の響きだけで 強くなれたんだ>などと言い切ってしまったら、草野マサムネエキスは薄まってしまうはずです。<気がする>けど、どうなるかはわからない。<信じてた>のにダメなこともある。それでも希望の上で揺られ続けている心の在り方が、わたしたちに強さと儚さを感じさせている…気がします。

なんかありそうな気がしてさ 浮かれた祭りの外へ
ギリヤバめのハコ探して カッコつけて歩いた
らしくない自分になりたい 不思議な歌を作りたい
似たような犬が狼ぶって 鳴らし始めた音
「1987→」/スピッツ

ゴメンもサンキューもすっとばして
信じていいかい? 泣いてもいいかい?
「ヘビーメロウ」/スピッツ

 そして新曲「1987→」と「ヘビーメロウ」の歌詞にも、やはり“気がする”と“信じる”が綴られているのです。「1987→」は結成30周年を意識して書き下ろされた楽曲で、バンド結成当初のスピッツの新曲という想定で作ったのだそう。どうなるかわからないけど<なんかありそうな気がして>音楽の世界へ飛び出した30年前。そんな彼らが今、「ヘビーメロウ」でまた未来に向けて<信じていいかい?>と問いかけ、揺れる希望の上をもっと先へと進んでゆこうとしている。そのような決意を感じますね…!

 是非、シングル・コレクション・アルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30tAnniversary BOX-』をゲットして、歌詞からもスピッツ楽曲のエキスをご堪能ください…!