検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

丸本莉子

それでも理由探しながら「幸せ」と掲げるの、何のために?

ときどきスランプは、やって来る。
仕事の、とか、人間関係の、という
特定のスランプではなく、
生きていること自体のスランプだ。
たすけて、と誰かに言っても、誰も助けてくれない。
誰かに助けられるのも、ほんとうは困るし。
(川上弘美『晴れたり曇ったり』より)

 作家・川上弘美さんのエッセイにそんな言葉が綴られておりました。とくに悲しい出来事があったわけじゃないし、誰かと揉めたわけでもないけれど、突然の「生きていること自体のスランプ」ってありますよね…。それは、何かあったからではなく、むしろ“何もないから”やって来る負の波なのかもしれません。そんな気持ちってうまく言葉にできず、それこそ「誰も助けてくれない」し、「誰かに助けられるのも」困る。となると、向き合うのはやっぱり“自分自身”しかないのです。
 
 今日のうたコラムでは、まさにその「生きていること自体のスランプ」に陥ってしまっている女性の本音を吐露した新曲をご紹介いたします。“丸本莉子”が2017年3月22日にリリースした1stフルアルバム『ココロノコエ』に収録されている新曲「あたし」です。彼女は一度聴いたら忘れられない“癒しの歌声”で話題の女性シンガーソングライター。そんな丸本莉子はこの曲で、どんな主人公のココロノコエを描いたのでしょうか。

静寂の午前0時 化粧落として
見栄もプライドもぬぎすてて
38℃のぬるま湯に 全てが溶けていく

もううんざりよ 窮屈な日々
がんばれど 報われないことだらけでしょ
それでも理由探しながら 
「幸せ」と掲げるの 何のために?

鏡に映った顔を失くしたピエロのように
独りぼっちでぐるぐる踊っている
作り笑い 嘘を重ねる度 ぼやけていく
あたし あたし あたし あたし あたし
「あたし」/丸本莉子

 真夜中に帰宅した女性の、疲れ切った素顔が浮かんでくるようです。主人公は、外ではいつも毅然としていて“自分は「幸せ」である”とみせるための強さを保ち続けている方なのだと思います。決して他人に弱さなど見せなさそう。しかし家に帰って、一人きりになった時、やっと<もううんざり>という感情が溢れ、毎日<がんばれど 報われないことだらけ>なのに、何やってんだろ…という自己嫌悪に襲われるんですよね…。このスランプから抜け出すのはなかなか難しいでしょう。ただ、先ほど冒頭でご紹介したエッセイ『晴れたり曇ったり』には次のような続きがありました。

だから、そういう時には、
水のたまった瓶の底に沈む小石のように、
ただ一人しんとしている。
(川上弘美『晴れたり曇ったり』より)

 おそらく、丸本莉子「あたし」の女性も、無意識に同じような行動を取っているのです。それは<38℃のぬるま湯に>浸かり、そして<鏡に映った顔を>見つめるという行為。まず、ぬるいだけに思える38℃のお風呂とは、実は、最もココロをリラックスさせる効果がある温度なんだとか。自律神経が落ち着き、筋肉も弛むそうです。さらに鏡を見つめることで、彼女は「水のたまった瓶の底に沈む小石のように、ただ一人しんとして」自分自身とちゃんと向き合えているのではないでしょうか。

仕事も恋も 帳尻合わせ
諦めることで 大人になったつもりでいる
夢や未来を描くことに 怯えているだけでしょ
それでいいの?
「あたし」/丸本莉子

 それゆえに“あたし”は、歌が進むにつれほんの少しずつですが、今の自分から抜け出そうという方向に動き始めます。<それでいいの?>…と、このフレーズはもちろん反語表現で、こんなんじゃダメだ!という気持ちの表れ。帳尻合わせをするだけの仕事も恋も、諦めることで大人になったつもりでいる心も、夢や未来を描くことに怯えている自分も、もうお終いにしたいのです。

このまま目を瞑って
行くあてもなく ただ彷徨うなんて

鏡に映った顔を失くしたピエロだけど
明日になればまた笑っているでしょう
空回りし続ける感情に サヨナラを
あたし あたし あたし あたし あたし
あたし あたし あたし
「あたし」/丸本莉子

 とはいえ、人間すぐに変われるものではありません。<明日になればまた笑っているでしょう>…この笑顔が、作り笑いになってしまうのか、心の底からのものなのかもわかりません。ただ、ひとつこれまでと違うのは<空回りし続ける感情に サヨナラを>という決意をしたことです。<あたし あたし あたし あたし あたし あたし あたし あたし>…この先どんなに“あたし”から逃げだしたくなっても、それでも“あたし”と向き合い続ける限り、きっと彼女は大丈夫、な気がしますね。
 
 毎日の生活にお疲れの夜には是非、丸本莉子の「あたし」を聴いてみてください。ただ単にやさしくて温かいだけではない本物の“癒し”が、あなたの心を救ってくれるかもしれません。

◆1st Album『ココロノコエ』
2017年3月22日発売
初回限定盤 VIZL-1138 ¥3,600+税
通常盤 VICL-64765 ¥2,800+税

<収録曲>
1 ココロ予報
2 誰にもわからない
3 夜を泳ぐ
4 やさしいうた (guitar intro)
5 今だけの永遠
6 ガーベラの空
7 愛は
8 あたし
9 フシギな夢
10 言葉にできない
11 つなぐもの (another intro)
12 この風に乗せて