検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

今日のうた

miwa

あなたを愛するために心はあるの、あなたを想うほど涙が出るの。

このからだの6割占める
水のなかを泳いでいる
君の涙 受け止めるよ
たとえ君がどれだけ離れていたって

湧き上がるまま
喜び悲しみもすべて
溢れ出す水のように
解き放したい
虹かけて 君に届けこの想い
空高く舞い上がれ
はじける水のリズム
「SPLASH」/miwa

 大ヒット中の映画『君と100回目の恋』に、坂口健太郎とダブル主演で出演している“miwa”が2月22日にニューアルバム『SPLASH☆WORLD』をリリースしました!冒頭でご紹介したのは、最新作の入口となる収録曲です。アルバムタイトルにも含まれているワード「SPLASH」とは、水をはじけさせたり、飛び散らせたりといった意味。今作の収録曲ではまさに“水”のように様々な感情が心から溢れ、曲中でリズムを作っております。そして1曲目の「SPLASH」は、一気にそんな世界へと私たちを惹き込んでくれるのです。
 
 さて、もちろん『SPLASH☆WORLD』には、すでにシングルとしても発表されている「Princess」や「シャンランラン」のように明るく可愛らしく楽しい気持ちが湧き上がってくる楽曲も輝いています。しかし、アルバムを通して聴いてゆく途中、聴く者の心をキューッと締めつける切なく哀しいラブソングのパワーは、より一層強いようにも感じるのです。「SPLASH」の<溢れ出す水>とは流してきた“涙”のことも意味しているのでしょうか…。

さよなら 愛しき人よ
もう二度と会えない もう会わない
そう決めたのに
どうして どうして
あなたを 忘れられないんだろう?
今日も夜空に
ネガウ アイタイ。
「夜空。feat. ハジ→」/miwa

さよなら 大きな君の手
さよなら 2人見た夕日
さよなら 名前呼ぶ愛しい声
さよなら さよなら 巡り会えてよかった
100回繰り返しても叫んでもそれでも足りない
「君と100回目の恋(movie ver.)」/miwa

その昔一度だけ幸せだったこと
まぶたに映る君がそばに寄り添っていてくれた日
君との未来信じたのは私だけだったみたい
まだこんな好きなのに

もうeverything,everything
全てを尽くした
振り向いてほしいと叫び続けてた
めぐりゆく季節
変わらぬ想い
「変わらぬ想い with Scott & Rivers」/miwa

 歌ネットでミリオンリリックに認定されている、ハジ→とのコラボソング「夜空。feat. ハジ→」、前述した映画の劇中歌「君と100回目の恋(movie ver.)」、そして新曲「変わらぬ想い with Scott & Rivers」、どれも聴いている側が思わず泣いてしまいそうになる、苦しい“さよなら”の歌です…。ただ、歌詞を読んでみると実は3曲とも<涙>や<泣く>という言葉は綴られていないんです。そこでふと、miwaと対談経験もある歌人・加藤千恵さんのある小説の中の言葉を思い出しました。

涙は縛れるものなんだなと思った。
こらえるとかとどめるとかではなく、
縛る、が一番しっくりくる。
けれどこんな感覚を、
知らずに済むなら知らないままでいたかった
(加藤千恵『こぼれ落ちて季節は』より引用)

 “涙を縛る”…上記の3曲にもこの表現がしっくりくるような気がしませんか? お互いまだ愛おしむ気持ちがあるのになんらかの理由でさよならをしなければならなかった「夜空。feat. ハジ→」や「君と100回目の恋(movie ver.)」、もう何もかも全てを尽くしたけれどダメだった「変わらぬ想い with Scott & Rivers」、いずれのヒロインも、本当は泣き出したいけれどどうにもならないから、心の中で涙を縛って、その悲しみは「SPLASH」の歌詞にあるように自分の<からだの6割占める 水のなかを泳いでいる>のではないでしょうか…。

あなたを愛するために心はあるの
あなたを想うほど涙が出るの

好きという気持ちが
好きという言葉じゃ
足りなくなってしまったら

好きという気持ちが
好きという言葉じゃ
足りなくなってしまっても
あなたが抱きしめてくれるなら大丈夫よ
たったひとことでも
思い込めて言うから
どうか聞き逃さないでね
“あなたが好き”
「泣恋」/miwa

そっと繋いだ手から愛を感じた
その涙は奇跡を映した美しい色だった
初めて見る景色 初めて描いた未来
どんな明日(あした)が来ても
「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」/miwa

 そして、やっと主人公が“涙”を流すことができるのは、アルバムのラスト2曲に収録されている「泣恋」と「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」です。この涙が、前の3曲の主人公が流したかったはずの涙とは異なるのは歌詞からわかりますね。これは<あなたを愛するために>、<あなたを想うほど>に、<そっと繋いだ手から愛を感じた>から流れた涙。縛る必要のない愛しい涙なのです。
 
 このように、同じ<溢れ出す水>=“涙”でも、それを悲しみではなく、愛しさで表現する“miwa”のあたたかな想いをひしひしと感じます。涙を縛って悲しみが揺れるラブソングも、愛しさが涙になって溢れるラブソングも、『SPLASH☆WORLD』の中でじっくりと堪能してみてください!

◆「SPLASH☆WORLD」
2017年2月22日発売
初回生産限定盤(CD+DVD) SRCL-9317〜18 ¥3,611+tax
通常盤 SRCL-9319 ¥2,913+tax

<収録曲>
01.SPLASH
02.結 -ゆい-
03.Princess
04.夜空。feat.ハジ→
05.君と100回目の恋
06.アイオクリ
07.シャンランラン
08.ATTENTION
09.変わらぬ想い with Scott & Rivers
10.泣恋
11.あなたがここにいて抱きしめることができるなら