Uta-net

歌詞詳細

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

ダーウィンに捧ぐ

ダーウィンに捧ぐ

  • 歌手:
    BURNOUT SYNDROMES
  • 発売日:
    2019/02/20
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,273
 
大地から手を離せ 二本足で立て

名も無き草原に 遥か地平から
眩い光が射していた
一匹の猿が今 生まれた意味を知る為
旅立とうとしていた

「意味の無いことは止めなよ 餌も水も家も此処にある」
仲間達はそう嗤ったが
「俺は地に落ちて泥塗れの安心にはウンザリしてんだ」

大地から手を離せ 二本足で立て
空になった手で抱き合えば良い
ヒトは愛を知って進化する

道無き未知は怖い だからこそ行け
決まりきった未来を棄てる時
始まるんだよ 君の歴史

旅を続ける内 一匹 又 一匹と
同志が彼の後に続いた
その群れの頭上を 信天翁(あほうどり)が一羽
風を切って追い越していった

「それが進化かい? 劣等種よ 腕など羽に及ぶまい」
鳥は消魂(けたたま)しく嗤ったが
「この手は繋ぐ為にある 翼なんか要らねえんだ」

大空を睨みつけ 目指す世界の涯
力無き自分を認めれば
孤独は孤高へと深化する

今 同じ夢を見て 追う友がいる
独りではないって気付いたら
ヒトになった 人類の夜明け

ダーウィンに捧ぐ ダーウィンに捧ぐ
ダーウィンに捧ぐ ダーウィンに捧ぐ

この進化を ダーウィンに捧ぐ

大地から手を離せ 二本足で立て
空になった手で抱き合えば良い
ヒトは愛を知って進化する

夢を自由を取り戻せ 二本指 翳せ
栄光のサインを掲げ 皆
理想の世界へ歩いていけ

誰の猿真似でもない 本当の自分を
嗤われる覚悟が出来た時
始まるんだよ 君の夜明け