検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

未来へのブーケトス

未来へのブーケトス

  • 歌手:
    ドラマストア
  • 発売日:
    2018/05/16
この曲の表示回数 310
 
電話のベルが鳴り響いてる
いつもと同じ今日が君色になってゆく

窓から見えるこの景色が
朝日に包まれてく
見慣れた街並みさえも
少し違く見えたのは

あぁ 幸せだと思える
その時が君と重なってほしくて
なぁ 二人で居られるなら
この先も どんな日も
奇跡に変えていける

きっと 繋がりゆく思い出の全てが
失ったものの意味が
僕の心に咲く花に水をやる
終わりに向かってゆくこの恋が
いつか愛になるまで
君を想える 僕のままでいれたらいいね

ありふれた感情の一番最初に君がいるから

最終電車に乗り込んだら いつもと同じ道を
いつもより ちょっと 急いで 帰りたくなるのさ

あぁ 辛くて泣きたくなる
その時はいつでも側にいたくて
なぁ 一人で居られるほど
君の手は 僕の眼は 強くはないんだよなあ

もしも君と僕とが 二人を選びあっても
おかしくないよね 僕らは夢を見てる
薬指にはリングを 二人だけの命を
なんて今は言えないけれど

きっと 繋がりゆく思い出の全てが
始まったものの意味が
僕の心に咲く花に日を注ぐ

終わりに向かってゆくこの恋を
いつか愛にするから
もう少しだけ待っててほしい

さよならだよ 思い出の全ては
明日 過去になるから
ひとつずつまた 束ねて君に送る
花束にしよう いつの日かきっと
終わらない朝が来る
窓を開けてさ 光に笑う君が綺麗だ

ありふれた感情の一番最後は君でいてほしい
ありふれた想像の赤い糸を頼りに
できるなら僕を選んでほしい