検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

エンド

エンド

  • 歌手:
    Reol
  • 発売日:
    2018/03/14
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 2,385
 
あれそれとなくし続けて
僕は一人で此処に突っ立っている
世辞と罵声が背中をおす
交ざる風を身に受け惑わされぬよう

気丈な演技を磨きます
竦む足に鞭をうって睨む
僕がいないかもしれない明日に
痕を残すため今爪を研ぐ

綴る言葉全て遺言です
君に伝わるように喋ります
守りたい 選べない 君以外

もしも愛なんてものに縋らなくても
僕らが幸せになれたなら
楽になれるだろうか
誰も知り得ぬいつかこの先がどんなでも
君がいればそれだけでいい

君がいればそれだけでいいのに

何が大切であるかを
これだけ生きてもまだ言い淀む
見極めようと凝視して
他の何かを見失いそうになる

恐れを知らなすぎたあの時みたいに
怖がらずに愛したい
世間知らずと言われても構わないから
疑わずに信じたい
約束破りも裏切りも
祈ってニルヴァーナ すべて許したい

僕を好きだと言う君が大嫌い

もしも愛なんてものが
存在し得ないまやかしだとしたら
君を今求めていることの説明がつかない
孤独で不確かな此処でも
君といればそれだけで

終わりのない終わりを
果てのない果てを見たい
美しい地獄から
君にもう一度だけ

もしも愛なんてものに縋らなくても
僕らが幸せになれたなら
楽になれるだろうか
誰も知り得ぬいつかこの先が
どんなだとしても

守りたいものから失ってしまう
それでも諦められないのは
面倒な世界に僕は未だ絶望していないから
触って 叱って 愛して