検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

あの夏に咲け

あの夏に咲け

  • 歌手:
    ヨルシカ
  • 発売日:
    2017/06/28
このアーティストが好きなユーザー
この曲の表示回数 35,759
 
君が触れたら、
た、た、ただの花さえ笑って宙に咲け
君に倣って、て、照れるまま座って
バスの最終時刻 オーバー

いつもの通りバス亭で、
君はサイダーを持っていた。
それだって様になってるなあ。

しがない物書きであった僕は
その風景を描いていた。
隣に座る間も無く消えた。バスが走っていく。

書いて書いてようやく得たものが
妬みとか蔑みとか!
なんかもう忘れたい

君が触れたら、
た、た、ただの花さえ笑って宙に咲け
君が登って、て、
照れる雲も赤らんで飛んでいく

君がいるなら、
た、た、退屈な日々も何てことはないけど
君がいた騒々しい夏もさよなら
誰か応答願う オーバー

雨の街路脇、君は立っていた
片手には赤い
カトレア

君の流した水滴が夕立ちみたく伝っていた
君が泣いてるのに手は動いた
声もかけないで
その顔を書いていた

吐いて 吐いてようやくわかるのが
痛みです 虚しさです
なんかもう馬鹿みたい

満たされるから、
た、た、足りてた分を落として
嫌になるんだよ
それで良かったって笑えるほど
大人じゃないのにさ

君が乗り込む、
バ、バ、バスの隙間に僕の場所はないから
君がいた想像だけが嵩んでいく
今日も人生俯瞰、オーバー

君が歩けば花が咲く
君が歩けば空が泣く
君が笑えば遠い夏
笑う顔が書いてみたい

夕立の中泣く君に
僕が言えるのなら
もう一回あの夏に戻って

君が泣いてる、
と、と、止まらない訳を僕は知っていたい
君に触れたら、
て、て、適当なことでも喋ってみよう

君がいたから、
た、た、退屈な日々も何てことはないのさ
君に笑って、て、照れるまま座って
バスの最終時刻、オーバー