検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

金木犀の雨

金木犀の雨

  • 歌手:
    松原健之
  • 発売日:
    2017/05/17
この曲の表示回数 3,436
 
秋の夕暮れ ほのかに香り
君の涙を 連れて来る
あの日電車に 乗り込む僕が
帰らないこと なぜか君は知ってた
雨に打たれて 金木犀が
駅を黄色に 染めていた
わずかな雨に 花散るなんて
青春だねと 君が泣いてた

若い季節は おどけてばかり
明日が来るのに 目を背け
リンゴ二つと 薄い毛布で
二人暮らして 行けるそんな気がした
雨に打たれて 金木犀が
今もはかなく 匂い立つ
か細い肩に 降りそそぐ花
そのまま抱いて いればよかった

雨に打たれて 金木犀が
遠い記憶を 染め上げる
わずかな雨に 花散るなんて
青春だねと 君が泣いてた