検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

吉田山田

【吉田山田】 『吉田山田祭り 2017』 2017年8月26日 at 上野恩賜公園水上音楽堂

2017年08月26日
@上野恩賜公園水上音楽堂

3回目の開催となる吉田山田の夏の風物詩。過去2年は雨に見舞われたが、今年はそれを回避! “夏祭り”らしく、暑い中、熱いライヴが展開された。客入れのBGMも祭囃子で、ステージのセンターには和太鼓も鎮座し、会場に入っただけで、もう気分はお祭りモードに。そして、オンタイムでスタートしたライヴは、まずはスーパーワッショイバンド(ライヴ中に山田義孝(Vo)が命名)が客席の高揚感を煽り、「新しい世界へ」を歌いながらメンバーが登場すると、“ハロー! 上野ー!”の山田の第一声で銀テープが景気良く宙に舞う。その直後に山田が歌詞を忘れたのもご愛嬌で、「てんてんてんて」などのアップテンポの楽曲が観客を沸かせ、早くも笑顔があふれるハートフルな空間が広がっていく。

また、日が暮れかかった中盤では、しっとりと「タイムマシン」「キミに会いたいな」を聴かせ、さらに11月1日発売のニューアルバム『変身』から「浮遊」「もし」「守人」を初披露。水上音楽堂ならではの涼しい風と蝉の鳴き声が最高の演出をする中、ノスタルジックだったり、ハートウォームだったり、そのメロディーや歌詞が胸を震わせる。

“ワッショイ”のコール&レスポンスからスタートした終盤戦は、ライヴの定番曲「YES!!!」がクラップ&ジャンプを、「魔法のような」が大合唱を誘って本編が終了。アンコールでは「RAIN」「日々」で客席を感動させると、「イッパツ」でタオルを旋回させ、吉田結威(Gu&Vo)と山田が和太鼓を連打した和テイストの「夏のペダル」で大団円を迎えた。時に気持ちを高ぶらせたり、切なく響いたり、笑顔になったり...吉田が“想い出して切なくなって、夏が完成する”と話していたが、ここにいた誰にとっても今年の夏を思い出す際の最高の一日となったことだろう。

撮影:岩崎真子/取材:石田博嗣

吉田山田

ヨシダヤマダ:ふわっとしたエアリー感のある山田の歌声とすっきりと甘い吉田の歌声のコンビネーションが心地良く、やさしく包むような歌詞が人気。2009年10月にシングル「ガムシャランナー」でメジャーデビュー。

twitter Facebok google+ LINE