検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

堀込泰行

『HORIGOME,YASUYUKI LIVE TOUR 2017』

2017年04月16日
@豊洲PIT

“例のCMで親もちょっと安心してると思うんですけど”ーー冗談めかして、「エイリアンズ」のDUBバージョンを披露したあとにそんなMCをしていた彼。インタビューではキリンジ時代の何かちょっと変わった、ひねりや毒のある表現を求められることから距離を置きたかったように話していたけれど、人間がはなから持っているやるせなさや愛おしさを表現し、歌わせたら、やはりこの人の右に出るものはいないのではないだろうかと、ソロでは本格的なツアーとなった今回、そのファイナル公演でその思いを深くした。

アメリカンロックやエバーグリーンなポップスの美しさが際立つ掘込泰行名義の1stアルバム『One』からの選曲を軸にライヴは進行していくのだが、個性的なギタリスト、松江 潤に負けじと堀込も乾いたいいサウンドでギターソロを弾く。かと思えば、馬の骨名義のドープなナンバー「クモと蝶」で、勝手に滲み出てしまう色気が場を覆い尽くす。また、キリンジの『3』から都市生活者の憂鬱なようで自然でもあるようなビビッドな視点が変わらずリアルな「サイレンの歌」で、圧巻のコーラスワークを届ける。本人に意識はないかもしれないが、USインディが持っていたような実験性をさらりと取り入れていたりして、その音楽的なレンジに大いに感銘を受けた。

バンドメンバーもすごい。前述の松江 潤(Gu)、沖山優司(Ba)、伊藤隆博(Key)、北山ゆうこ(Dr)、真城めぐみ(Cho)という完成度の高いポップを鳴らす辣腕揃いだったのだ。そして、何と言っても登場時から黄色い歓声が上がり、演奏が終わるたびに心からの拍手が起こるその様子が、堀込泰行というひとの代替不可能さを雄弁に物語っていた。ライヴを観るまではシーンがどうとか関係なくマイペースに活動のギアを上げていくのだろうと想像していたのだが、オルタナティブを経由した現代のシティポップが浸透した今のシーンにおいて、彼はキーマンとして存在するのではないか?...そんな予感さえ起こる、現在進行形の音楽がそこにはあった。

SET LIST

試聴はライブ音源ではありません。

  1. 3

    涙にあきたら(キリンジ)

  2. 5

    バースコーラス(堀込泰行×□□□)

  3. 6

    エイリアンズ(キリンジ)

  4. 7

    PING & PONG(馬の骨)

  5. 9

    カメレオンガール(キリンジ)

  6. 10

    Round and Round(キリンジ)

  7. 11

    ファイヤーバード

  8. 12

    クモと蝶(馬の骨)

  9. 13

    サイレンの歌(キリンジ)

  10. 15

    ポップコーン(キリンジ)

  11. 16

    クレイジー・サマー(キリンジ)

  12. 20

    季節の最後に(馬の骨)

  13. <ENCORE>

  14. 22

    ブルーバード(キリンジ)

  15. 23

    銀砂子のピンボール(キリンジ)

ライブフォトギャラリー(外部リンク)

2017.04.20

撮影:立脇 卓/取材:石角友香

情報提供 OKMusic

アーティストインタビューや
2300万曲の無料試聴が可能!

twitter Facebok google+ LINE