検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

Base Ball Bear

『Base Ball Bear Tour「バンドBのすべて 2016-2017」』

2017年03月29日
@Zepp Tokyo

2度目のメジャーデビュー感というか、“音楽楽しくてしょうがないんだろうな”と、気持ちを鼓舞されるステージだった。昨年11月に活動のホームグラウンドである下北沢GARAGEからスタートし、36公演を駆け抜けてきたベボベ。KIRINJIやソロでも活躍する弓木英梨乃(Gu)をサポートに迎えて、彼女の高いテクニックによってベボベのキラーチューンの数々がさらにブーストされるという、いい化学反応も随所に見られた。また、プレイ的にも視覚的にも関根史織(Ba&Cho)とともに女性ふたりというのもいいバランス。小出祐介(Vo&Gu)がさらにシュアなプレイを見せるなど、弓木からいい影響を受けているのも間違いない。セットリストはベストアルバムに伴うツアーでもあり、ファンからのリクエストを軸に構成されているだけに「BREEEEZE GIRL」に始まり、「SCHOOL GIRL FANTASY」「short hair」「17才」など、キラーチューン満載。イントロが鳴るたびに上がるファンの歓声の大きさに、いかに彼らの帰還が待望されていたのかがよく分かった。そして、彼らの魅力であるいわゆる4つ打ちのビートも堀之内大介(Dr&Cho)の無駄のないダイナミズムに触れると、後続バンドとは格が違うことを痛感。終盤、「海になりたいpart.2」で弓木がイマジネーション豊かに弾きまくり、小出も対抗するように弾き、シンフォニックなグルーブが醸成された場面は圧巻。アンコールでは4月12日リリースのニューアルバム『光源』から「SHINE」を披露。鍛えてきた新たなリズムを飽くまで日本のギターロックバンドとして表現するオリジナリティーはバンドがまさに現在進行形であることを実感させた。
twitter Facebok google+ LINE