検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

THE COLLECTORS

『THE COLLECTORS "MARCH OF THE MODS" 30th Anniversary』

2017年03月01日
@日本武道館

“ようやく身の丈にあった場所でライヴができる。30年かかった”ーートレードマークのユニオンジャック柄のスーツに身を包んだ加藤ひさし(Vo)のこの言葉が、もう全てを表していた。そのステージに立つまでにかけた歳月の重み、変わらないものと変えてきたことが織りなす進化の歩み。“LOVE”のリフレインがそこに駆け付けた人たちをやさしく強く包み込む。「愛ある世界」がオープニングに選ばれたのは、THE COLLECTORSからの“30周年”の共有/共鳴の証としての贈り物なのかもしれない。

シンプルなステージから次々と歌い奏でられていく、彩り豊かな“心のヒットチャートNo.1ソング”の数々。「夢みる君と僕」「僕は恐竜」「僕の時間機械(タイムマシーン)」といった極々初期のナンバーが(実は前身バンドのザ・バイク時代の楽曲)、輝きを失わない、決して色褪せることのない宝物として鳴り響いてくる。カラフルなポップミュージック、そしてグルービーなロックンロールの数々にオーディエンスの瞳はキラキラ。すっかり夢中だ。スペーシーな「2065」や古市コータロー(Gu)がリードヴォーカルを務める「Dog Race」など、バンドの歴史の中のフックとなる楽曲がしっかり組み込まれていたのも粋な心配りを感じさせる。

“MARCH OF THE MODS”ーー圧倒的な、そして痛快な初の日本武道館公演。加藤が中盤で羽織ったM-51(モッズパーカー)は、とても誇らし気だった。
twitter Facebok google+ LINE