検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

LIVE REPORT

ハルカトミユキ

『HARUKATOMIYUKI +5th ANNIVERSARY TOUR 2017』

2017年02月25日
@赤坂BLITZ

もがき苦しみつつも常に挑戦を続けてきたハルカトミユキが、等身大の姿勢で臨んだデビュー5周年記念ツアーのファイナル。“私たちだけの力ではここまで来られませんでした。みなさんのおかげで5周年です”と話すハルカ(Vo&Gu)のMCは感謝と恩返しの気持ちが素直にあふれていて、自身を大きく見せようとなどしない。“ひとつだけずっと変わらないことがあります。私たちは希望の歌が歌いたい”――「ドライアイス」の演奏前にハルカがいつも口にしてきた想い、そのぶれなさを再確認できたのも嬉しかった。

《ただ生きていて》と願う「ドライアイス」から《君の足元を照らす月になろう》と誓う「夜明けの月」への流れは、パフォーマンスが一層キリッと締まる。辛い時期に生み出した名曲「その日がきたら」、欠けている心と向き合った「Pain」、震災直後に矛盾を抱えたまま作ったという「絶望ごっこ」。時にナイフのように鋭く、時に毛布のようにやさしい歌を聴くうち、ハルカトミユキのドキュメントと自分の記憶が数回シンクロした。

一転して、アッパーに攻めた後半。「トーキョー・ユートピア」ではミユキ(Key&Cho)がショルダーキーボードで客席&ステージを縦横無尽に駆け回ったり、ハルカとお茶目にマイクを奪い合ったり。前のめりに突っ走る「伝言ゲーム」にしても、フィジカリティーの煌めきがあった。そして、彼女たちならではの肯定や5年の歩みを感じさせるふたつの新曲!! もう、ちっとも浮ついていなくて最高です。6月発売のアルバム、9月に行なう3度目の野音ワンマンと、挑戦はなお続く。

ライブフォトギャラリー(外部リンク)

2017.03.01

撮影:Aki Ishii/取材:田山雄士

情報提供 OKMusic

アーティストインタビューや
2300万曲の無料試聴が可能!

twitter Facebok google+ LINE