検索ワード

検索対象

検索条件

CLOSE

MENU

トップ画像1。
 春と言えば、卒業。この時期、歌ネットではこれまで二度の『卒業ソング特集』を組んできました。ユーザーの皆様からのアンケートや、音楽番組・音楽サイトなどを参考に、卒業ソングとして愛されている楽曲のランキングTOP30を発表。2014年には、1位にレミオロメン「3月9日」、2位にいきものがかり「YELL」、3位に合唱曲「旅立ちの日に」がランクイン。2016年には、1位にGReeeeN「遥か」、2位にEXILE「道」、3位にKiroro「Best Friend」がランクイン。そして2018年、2年ぶりに最新版“卒業ソングランキングTOP30”を制作いたしました!尚、今回のランキングは2017年2月1日~2018年2月1日の歌詞アクセスを集計したもの。近年の歌詞人気がより顕著に表れた結果となっております。それではまず、そのランキングを発表です!
2018年 卒業ソングランキング TOP30
順位
曲名
歌手名
1
友よ~この先もずっと… ケツメイシ
2
遥か GReeeeN
3
RPG SEKAI NO OWARI
4
EXILE
5
手紙 ~拝啓 十五の君へ~ アンジェラ・アキ
6
栄光の架橋 ゆず
7
友 ~旅立ちの時~ ゆず
8
flumpool
9
Best Friend Kiroro
10
ありがとう FUNKY MONKEY BABYS
11
なごり雪 イルカ
12
3月9日 レミオロメン
13
ひまわりの約束 秦基博
14
YELL いきものがかり
15
C.h.a.o.s.m.y.t.h. ONE OK ROCK
16
さくら(独唱) 森山直太朗
17
卒業の唄~アリガトウは何度も言わせて~ GReeeeN
18
卒業 尾崎豊
19
コブクロ
20
贈る言葉 海援隊
21
旅立ちの日に… 川嶋あい

22

桜color GReeeeN
23
さくら ケツメイシ
24
青春フォトグラフ Little Glee Monster
25
コブクロ
26
旅立ちの唄 Mr.Children
27
サクラ咲ケ
28
FUNKY MONKEY BABYS
29
SAKURA いきものがかり
30
世界に一つだけの花 SMAP
(2017年2月1日~2018年2月1日までの歌詞アクセス集計)
往年の名曲が並びながらも、過去のランキングとはまた少し異なる“新世代”の卒業ソングも上位にランクインしております。

さて、今回の特集ではさらに、この【2018年 卒業ソングランキングTOP30】をもとに歌詞座談会を敢行!ご登場いただいたのは、放牧中のいきものがかりリーダー“水野良樹”さん、元チャットモンチーで、現在は作詞家・作家として活躍されている“高橋久美子”さん、そして元ふぇのたすで、現在は作詞、作曲、編曲、プロデュースなど幅広く活躍されている“ヤマモトショウ”さん。ヤマモトさんは座談会の進行役も務めてくださいました。

では、このお三方が音楽家として、作詞家として、どのように卒業ソングを分析、解釈していったのか…。「あ~!」「なるほど~!」と、思わず唸ってしまう会話が次々と飛び交った座談会の内容を、じっくりとお楽しみください。
“水野良樹×高橋久美子×ヤマモトショウ”による作詞家座談会!
意外と「RPG」と「なごり雪」は対比できる2曲だった

山本 このランキングを見た時、まず僕が驚いたのは、やっぱり3位のSEKAI NO OWARI「RPG」ですね。

高橋 そうなんですよ。卒業ソングって“一人ずつ旅立ってゆく”とか“それぞれ頑張ろう”みたいな歌詞が多いなかで、「RPG」は<怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない>ってフレーズがサビに入っているのが印象的で。でも、たしかに卒業の時って、今まで一緒にみんなで頑張ってきたからこそ、一人じゃないという気持ちを逆に強く感じるのかもしれないなぁと思ったりもした。

水野 なるほどなぁ…。あと多分、僕らの世代ってまだSNSがそんなに発達していなくて、学校を卒業したら結構、物理的にも精神的にも離れたじゃないですか。もう全く音沙汰ない生活みたいな。だけど今の子たちって、学校を離れても、Twitterで「あいつ呟いてるなぁ」とか、Facebookで繋がってるとかあって…。生活空間は違っても、意外と心の距離感は近かったりするのかなぁって。

高橋 あぁ!そこかぁ…!

水野 僕ら世代の卒業って言ったら、もう“今生の別れ感”があったような気がするんですよ(笑)。まさにイルカさんの「なごり雪」はそうだなって思いました。だから僕は卒業ソングって“上京”のイメージにも繋がって。恋人がすごく遠いところに離れていっちゃう場面とかを想像するんだけど、最近はそういう物理的な距離を描いた曲って少ないのかなぁって。だから“電車で別れる”みたいなシーンも、実は共有しにくくなっているのかもしれないですよね。それよりも精神的な別れを描いた方が、聴く人の共感を得られるというか。

高橋 そうねぇ。「RPG」の<「方法」という悪魔にとり憑かれないで 「目標」という大事なものを思い出して>ってフレーズも、すごく精神的な表現だし、昔だったら多分、生まれなかった歌詞やろなぁって思う。だけどそんな今の時代の11位に「なごり雪」が入ってきているのってすごいよね!

水野 ね!なんでなんだろう。ただホントこの歌詞は恐ろしいですよね。<今 春が来て 君はきれいになった 去年よりずっと きれいになった>っていうだけで、どうしてこんなに余白が生まれるのかって。この余白だけでもう…。

高橋 そうそう!余韻が長い長い。やっぱり「なごり雪」は、そういう言葉の美しさがものすごく際立っているからこそ、時を越えて、親世代から若い世代にも受け継がれていくんでしょうねぇ。人って、環境とか時代によってソフトな部分は変わってゆくけど、案外、心のハードな部分は変わらないんじゃないかなって思います。

山本 ちなみにこれ…主人公の二人は今、東京にいるんですよね。僕は最初にこの曲を聴いた時、逆だと思っていました。たとえば「木綿のハンカチーフ」みたいにどちらかが夢を抱いて、東京に行ってしまうという状況をイメージしていたんですよ。でもそうじゃなくて<君>は東京から地元に戻ってしまうのかぁって考えた時に、それもまた魅力なのかなぁって。

水野 そっか、ホントだ!たしかに、東京から戻っていく方が物語を感じるかも。若い二人がお互いに夢を持って東京で暮らし始めたんだけど、彼女の方はその夢を諦めるなり、現実に折り合いをつけるなりの決意をして、地元に帰ってゆく…。だから、彼女を<きれいになった>って言うことは、彼女がもう<ぼく>の知らない人になっている、ってことを表しているのか。ずっと一緒に過ごして来たけど<君>はもう違うフェーズに行っていて、綺麗になったな、違う人になったんだなって、ハッとする…という感情が、この短いフレーズからすごく伝わってくる気がしますね。

高橋 そうだねぇ。きっと二人は東京に出てきてから、1~2年くらいしか一緒にいなかったんじゃないかとかも想像するんだけど、青春期の女性の1年の変化ってすごく大きいんだなぁっていうことも感じる。あと歌詞で“別れます”とはハッキリ言ってないけど、言わないからこそ、多分もう一生会わないであろうことが伝わってきたりして、グッと来るんですよねぇ。

山本 つまり「なごり雪」は“東京”と“どこか”という物理的な距離も、別れによる精神的な距離も、明確に見えてくる歌詞なんですね。そう考えると「RPG」は、距離の概念が希薄になっているとも言えるし、人生をロールプレイングゲームに見立てているから、たとえ物理的な距離が離れていたとしても、そんなに精神的な距離は遠くない、という“新しい世界”を提示しているとも言える…。意外と「RPG」と「なごり雪」は対比できる2曲だったんですね。

卒業って実はそんなに綺麗なものじゃないとも思う。

山本 あと、「なごり雪」は恋の歌だと思えるけど、「RPG」を含め、多くの卒業ソングってほとんどが“友情”をテーマにしているじゃないですか。お二人は作詞家という視点で考えると、やっぱり卒業=友情ですか?

水野 う~ん、なんか今って、みんなの共通項みたいなものが少ないような気がするんですよね。たとえば尾崎豊さんの「卒業」が支持された頃なら、大人たちへの反発心だったり、何かを我慢して学校に通うことだったりから「やっと解放されたぜ!」って想いが大きな共通の想いだった時代なのかもしれない。「なごり雪」の頃なら、卒業に“距離感”のイメージがついてきた時代なのかもしれない。だけど、現代の子たちが“卒業”っていうワードからどんな気持ちを思い浮かべて、何を連想するのかって、ちょっとわからないところがあって…。だから、卒業=友達、とか、卒業=桜、って入り口から歌が作りやすいというのはあると思いますね。

高橋 たしかに“友情”という共通項しかないっていうのはあるなぁ。でも、卒業って実はそんなに綺麗なものじゃないとも思う。自分の中では何も終わってないし、また次に進まなあかんのか…みたいな“葛藤”が浮き彫りになるのが卒業のような気がしていて。だから自分が歌詞を書くときには、当時の私のリアルな感情も混ぜながら書くことが多いかも。思春期の子たちは、大人の何倍も大きな葛藤を抱えているんじゃないかなぁ。そういう意味だと、5位のアンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓十五の君へ~」は、それがしっかりと描かれていると思う。

山本 僕もアンジェラさんの「手紙」では“人間に常にある葛藤”というものが表現されているなぁと感じて、これを合唱曲として作るってすごいと思ったんですよね。本当に“自分自身”だけに向かって歌われているじゃないですか。あとこの歌詞は、1番が15歳の<僕>が未来の自分に向けてメッセージを綴っていて、2番は逆に大人になった<僕>が15歳の頃の自分に返事を書いているという構造になっているんですけど。じゃあこの歌の主人公は今、どこにいるんだろうって。最後の<この手紙読んでいるあなたが 幸せな事を願います>っていうのは、どっちの自分が伝えているメッセージなのかと、ちょっと不思議な感じになりますね。

高橋 最後の<あなた>は両方に向かっている感じがするなぁ。多分、今<僕>は大人で、15歳の自分に手紙を宛てているんだろうと私は思っているんですけど、ただ思い出しているだけじゃなくて、ちょっと15歳の当時の感情に入り込んでいる部分もありますよね。

山本 そうなんですよね!だから単純に昔の自分に「きっといいことあるよ!」みたいなメッセージを歌うものとはまた違って、ちゃんと大人が15歳の地点に立っている目線があるということは、なかなか他の楽曲にはないなぁと思います。

高橋 なんか…今は社会が学校だけではないんだってわかっているけど、当時の自分って、どんなに大人から「学校を卒業したらもっといろいろな道があるよ」とか「もっと楽に生きていいんだよ」とか言われても、学校が社会の全てだったなということを、この曲を聴くとむちゃくちゃ思い出しますね。だから15歳じゃなくて、大人が聴いても涙が出ちゃうんですよ。

水野 そうそう!かつて15歳だった人たちはみんな泣ける。むしろこの曲に共感できない人っているんですかねぇ…。今、尾崎豊さんの「卒業」の方の歌詞も読んでいたんですけど、この歌の場合は「自分も同じ気持ちだった」って人がたくさんいる一方で、「学校生活を真面目に過ごしていたからそんなに共感しなかった」って人もいるんだろうなって。要は、一つの強いカラーがあって、だからこそ熱狂的にこの歌を愛する人と、そうじゃない人が出てくる歌だと思うんです。でもアンジェラさんの「手紙」はそこまで色を押し出していないというか。それぞれが自分なりの“15歳の僕”を上手く当てはめられる。

山本 言われてみると、尾崎豊さんの「卒業」はまさにその時代を生きる等身大の自分の感情や状況を、かなり具体的な描写を使って描いていますよね。でも、アンジェラさんの「手紙」は具体ワードが少なくて、過去と今の二つの視点があるというところでも、ちょっと俯瞰して自分を見ているような感じがします。そういえば、このランキングの上位楽曲の歌詞をいろいろ読んでも思ったんですけど、固有名詞的なものの少なさって、やっぱり共感の大きさに繋がっている気がしますね。

1 2 3

水野良樹 (ソングライター)
1982年神奈川県出身。“いきものがかり”のリーダーであり、2006年にシングル「SAKURA」でメジャーデビュー。グループは2017年1月放牧宣言を発表。現在はソロで、様々なアーティストに楽曲提供をする他、ラジオ、テレビ出演、また雑誌、web連載など幅広い活動を行っている。現在、J-WAVE「SONAR MUSIC」(木曜日)にレギュラー出演中。
◆レギュラー番組
・J-WAVE「SONAR MUSIC」(木曜日)
・RKB毎日放送「ミュージックスコップ」
水野良樹ソロライブ
BSスカパー!にて放送決定
・2018年3月31日(土)
17:10~ BSスカパー!にてオンエア。
◆水野良樹ソロライブ
「TARIKI HONGAN LIVE 2」
水野良樹がゲストの力を借り、“他力本願”で歌ってトークするエンタメライブショー「TARIKI HONGAN」。今回は、水野と共に楽曲「白が人気」を一緒に制作したバカリズムと、水野が楽曲提供をしている大原櫻子が出演。2人とのコラボステージはもちろん、楽曲の制作秘話、ステージ上にて即興で楽曲を作り上げる「曲作りコーナー」など、一夜限りのスペシャルライブの模様を余す事なくお届けします。 ◆楽曲多数提供中。 最新の情報は水野良樹OFFICIAL HOMEPAGEにてご確認ください。
高橋久美子 (作家・作詞家)
1982年愛媛県出身。バンド“チャットモンチー”のドラム、作詞家として加入し、2005年~2011年まで活動。バンド脱退後は、作家・作詞家、ラジオパーソナリティーなど多方面で活躍している。
『おかあさんはね』
米国の人気絵本「I WISH YOU MORE」を、高橋久美子が一編の詩のように、美しくユーモラスに翻訳しました。親子のためだけではなく、お母さんのお腹から生まれてきた全ての人に贈りたい温かい絵本です。2月で6刷が決定!!(マイクロマガジン社) 定価:1620円 (税込)
『赤い金魚と赤いとうがらし』
『ひとりぼっちの、赤い赤い金魚 ピッピロ。ある日、赤くてからいやつが 金魚ばちにおちてきた』高橋久美子による、金魚の視点から語られる想像もつかない斬新な物語。それに触発され、福田利之が新たな画風に挑戦。繊細かつ大胆な描写は、絵本から飛び出して来そうなほど生き生きと描かれています。二人が2年半をかけて制作してきた力作。(mille books) 定価:1,512円 (税込)
ヤマモトショウ
(作詞家、作曲家、音楽プロデューサー)
1988年静岡県出身。バンド“ふぇのたす”のギター、作詞作曲担当としてデビュー。バンド活動の傍らシンガー、アイドル、声優など多数の楽曲提供、プロデュースなど行う。2015年9月のバンド解散後より本格的に作詞、作曲家として活動を開始。
SOROR 1st album『new life wave』
2018年3月14日発売
この特集をシェアする