検索ワード

検索対象

検索条件

CLOSE

MENU

カバー画像1
愛のせいで、愛のおかげで、
生まれた全11曲。

片平里菜が、12月20日に約2年ぶりとなる待望の3rd ALBUM『愛のせい』をリリース!今作の入り口となるのは<愛してしまえば 裸になる>という、鮮烈なフレーズで幕を開けるタイトル曲「愛のせい」です。その剥き出しの【愛】は全11曲の強く揺るぎのない芯として貫かれております。そして【愛】とはもちろん、恋愛の中だけに存在するものではありません。家族からの愛。夢に対する愛。孤独なひと同士の愛。自分への愛。とにかくこのアルバムには【愛】が主役である楽曲がギュッと詰まっているんです。是非、人生に満ちているすべての【愛】を感じながら1曲1曲を楽しんでみてください…!

「愛のせい」 作詞:片平里菜


愛してしまえば 裸になる
あなたの前では
声 仕草 表情 全て
一枚 一枚 剥がされていく
銃は持ってない
ナイフだって必要ないのに
ねえ 私たち 傷付け合ってしまう
だってこんなに無防備なんだもの
歌詞を全部見る

itunes画像。
レコチョク画像。
INFORMATION
ニューアルバム『愛のせい』
2017年12月20日発売
レーベル:ポニーキャニオン

ジャケット画像です。

PCCA-04605 ¥3,000 (税抜)

<収録曲>

片平里菜 歌詞一覧
片平里菜 アルバム一覧
アマゾン画像です。
PROFILE

片平里菜

福島県福島市出身のシンガーソングライター。「閃光ライオット2011」にて1万組の中から審査員特別賞を受賞。2013年8月7日シングル「夏の夜」でメジャーデビュー。2014年1月15日に2ndシングル「女の子は泣かない」をリリース。オリコン週間ランキング初登場18位を記録。1月31日から開催された初のワンマンツアー【片平里菜 1stワンマンツアー2014“女の子は泣け、笑え、叫べ”】も全公演SOLD OUT。

 2017年3月には初の中野サンプラザで初のホールワンマン。チケットソールドアウト。8thシングル「なまえ」は映画『パパのお弁当は世界一』の主題歌にも決定している。日本人女性初のギターブランド エピフォンの公認アーティストとして認定され、福島・東北から全国へさらなる活躍が期待される若手女性アーティストである。

この特集をシェアする