検索ワード

検索対象

検索条件

CLOSE

MENU

カバー画像1
2017年上半期歌ネットでもっとも
歌詞が見られた楽曲は?

2017年の上半期は、AKB48が7年連続1、2位独占と前人未到の記録を達成するなか、ライバルグループの乃木坂46と欅坂46がその後に続き、女性アイドルが席巻。アルバム売り上げは、昨年末に解散したSMAPの25周年記念ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』が、116.0万枚を売り上げ、首位を獲得。またトップ10内には、back number、ONE OK ROCK、Suchmosらがランクインしており、バンドの飛躍が目立ちました。今回の特集では、歌ネットだからわかる2017年上半期のヒット曲に注目です!

 歌ネットで上半期もっとも歌詞が見られた楽曲は、back numberの「ハッピーエンド」(1,460,970回)です。2016年11月にリリースされたシングルタイトル曲である同曲は、福士蒼汰×小松菜奈の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』主題歌として大ヒット。歌詞アクセスでは、17週ランキングの首位を記録。(2016年上半期首位に輝いた「クリスマスソング」の記録である16週を上回りました!)リリースされたのは昨年であるにも関わらず、今年の1月2日付けウィークリーから12週連続で1位を独走し、現在は累計で260万回以上のアクセス数を記録しております。

 back numberは、2004年に結成され、2011年4月にメジャーデビューを果たした3ピースバンド。作詞作曲はボーカル&ギターの清水依与吏が手がけています。そして、2015年にリリースした月9ドラマ主題歌「クリスマスソング」が“国民的ヒット曲”として彼らの大ブレイクの起爆剤に。2016年はさらに勢いを増して、デビュー5周年を迎えました。そのアニバーサリーイヤーに放たれたのが、「ハッピーエンド」というタイトルイメージに反した失恋ソングです。

 描かれているのは、まだ相手への想いがあるのに<青いまま枯れてゆく あなたを好きなままで消えてゆく>女性の心境。最後の思い出を汚さないように、「ありがとう」「大丈夫」「元気でいてね」…そんな強がりで本音を隠し、大切な人のために“ハッピーエンド”を装うというあまりに切ない歌詞が、多くのリスナーの胸を打ちました。その結果、失恋ソングの大ヒットはなかなか難しい中、2017年上半期の曲別ランキングでも堂々の首位に君臨したのです。

順位
曲名/アーティスト名
アクセス数
1
ハッピーエンド/back number
1,460,970
2
前前前世 (movie ver.)/RADWIMPS
1,058,675
3
STAY TUNE/Suchmos
594,714
4
サイレントマジョリティー/欅坂46
543,241
5
ともに/WANIMA
537,594
6
クリスマスソング/back number
520,371
7
LOSER/米津玄師
479,715
8
おとなの掟/Doughnuts Hole
473,956
9
明日も/SHISHAMO
424,190
10
キセキ/GReeeeN
422,630
11
花束/back number
413,454
12
スパークル (movie ver.)/RADWIMPS
388,015
13
MAGIC/AAA
345,123
14
We are/ONE OK ROCK
343,159
15
やってみよう/WANIMA
340,616
16
恋/星野源
333,096
17
奏(かなで)/スキマスイッチ
323,305
18
ワタリドリ/[Alexandros]
309,531
19
orion/米津玄師
303,035
20
なんでもないや (movie edit. + movie ver.)/RADWIMPS
295,113
21
蝶々結び/Aimer
253,541
22
友よ~この先もずっと…/ケツメイシ
242,843
23
TOKYO GIRL/Perfume
238,440
24
ヒロイン/back number
232,320
25
二人セゾン/欅坂46
229,306
26
みんながみんな英雄/AI
229,302
27
小さな恋のうた/MONGOL800
228,095
28
Destiny/シェネル
227,344
29
サヨナラの意味/乃木坂46
226,758
30
僕の名前を/back number
226,336
 今回のランキングではまず、CMに楽曲が起用されたことで、歌詞アクセス数が急増し、上位にランクインしたバンドが目立ちました。Suchmos「STAY TUNE」(3位)、WANIMA「ともに」(5位)「やってみよう」(15位)、SHISHAMO「明日も」(9位)など。もともと人気のあった彼らですが、テレビを通じてその存在がより一層、お茶の間に知られるところとなったのです。

 そして、欅坂46の「サイレントマジョリティー」が4位(ミリオンリリックにも認定!)、「二人セゾン」が25位に、乃木坂46の「サヨナラの意味」が29位にランクインしているところもポイント!これまでAKB48グループの楽曲は、CD売り上げのトップは占めるものの、なかなか歌詞ランキングに名前を見せることはありませんでした。しかし、欅坂46と乃木坂46は、上記の楽曲以外でも多くの歌詞アクセスを獲得しております。盛り上がるラブソングというより、フレーズの美しさやメッセージ性の強さが印象的。今後のさらなるヒットが予想されます!
上半期アーティスト別ランキングTOP10
順位
アーティスト名
アクセス数
1
backnumber
7,288,960
2
RADWIMPS
4,519,296
3
ONEOKROCK
3,437,932
4
GReeeeN
3,344,515
5
2,753,175
6
WANIMA
2,576,610
7
AAA
2,451,911
8
西野カナ
2,431,184
9
米津玄師
2,242,221
10
[Alexandros]
1,894,248
彼らは、2010年に結成された熊本出身の3人組ロックバンド。太陽のようにパーッと明るく、アツく、エネルギッシュなパフォーマンスは、ロックシーンを席巻中です!2016年には初のMステに出演し、ニベア花王『8×4』のCMソング「ともに」(楽曲別5位)を披露するなど注目を浴びておりましたが、今年はさらに“CM”で大ブレイク!まずは、2017年始に大人気“au『三太郎シリーズ』”のCMソング「やってみよう」を歌唱。童謡ピクニックをロックにアレンジし、日本語詞をつけた斬新なカバーです。この曲は楽曲別ランキングの15位にランクイン!また、“求人メディア『タウンワーク』”の新CMではダウンタウンの松本人志さんと共演し話題に!ますますバンドの名が広まった結果、上半期のアーティスト別ランキングでは6位にランクインいたしました。2017年3月にはさいたまスーパーアリーナにて初のワンマンを敢行した彼ら。今後もますますバンドの規模が大きくなってゆくこと間違いなし!

彼女は、ロサンゼルス在住、洋楽・邦楽の境界を越えて、いま最も注目を集めている“トータル・ダウンロード数1,000万突破”の実力派シンガーです。2014年には、ドラマ『ディア・シスター』主題歌の「Happiness」がヒット!歌ネットのミリオンリリックとして歴代人気曲に認定されました。そしてデビュー10周年に突入した2017年、再び“ドラマ主題歌”で大きな話題を呼ぶこととなったのです。それが4月からスタートした、主演:藤原竜也×原作:湊かなえのドラマ『リバース』の主題歌「Destiny」です。ハラハラドキドキな物語をさらに盛り上げたこの曲は、ドラマの人気上昇と共に多くのアクセス数を獲得し、リリースからたった約1ヵ月ほどで上半期楽曲別ランキングの28位に君臨。6月14日には、主題歌と同タイトルのアルバム『Destiny』もリリースされ、今後の活躍から目が離せない。

この特集をシェアする