検索ワード

検索対象

検索条件

CLOSE

MENU

カバー画像1
「死ぬまで青春」宣言を掲げる、
鮮烈ロックユニット!

電流を帯びた歌声を持つ“松尾レミ”と、痺れるギターをかき鳴らす“亀本寛貴”による“GLIM SPANKY”が、4月12日にミニアルバム『I STAND ALONE』をリリース!今作のリード曲「美しい棘」には<儚く綺麗な時>を生きる少女が描かれております。彼女にとって、一瞬の閃光のような時間も、棘で深い傷を増やしながら知る本当も、すべて宝物です。それは<若さがいつか消える事解ってる>という気持ちがあるから。だからこそ、大人になるのを拒むのではなく、大人になっても大切にしていきたいものを今、心に焼き付けているのでしょう。そしてその“大切”を失くさない限り、彼女は霞まず、輝き続けるのだと思います…。「死ぬまで青春をしていきたい」という夢を掲げる“GLIM SPANKY”だからこそ切り取ることのできる景色。サウンドも歌詞もたっぷりご堪能ください!

「美しい棘」 作詞:松尾レミ


若さがいつか消える事解ってる
言われなくとも私たち馬鹿じゃない
だけど血を流しても
噛み締められないのは
ああ憎いもんだわ
本当知りたいだけなのに
痛みを隠しながら 少女は今
傷を治せる愛を少しずつ知っていく
じゃあまた明日ねって言えること
それだけでほら全部 暖かいこと

歌詞を全部見る


itunes画像。
レコチョク画像。
INFORMATION
3rd Mini Album「I STAND ALONE」
2017年4月12日発売
レーベル:Virgin Records

ジャケット画像です。

初回限定盤(CD+DVD)
TYCT-69115 ¥2,700 (税抜)

ジャケット画像です。
通常盤(CD)
TYCT-60098 ¥1,800 (税抜)

<収録曲>
1.アイスタンドアローン
2.E.V.I
3.Freeder
4.美しい棘
5.お月様の歌

GLIM SPANKY 歌詞一覧
GLIM SPANKY アルバム一覧
アマゾン画像です。
PROFILE

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)

 60年~70年代のロックとブルースを基調にしながらも、新しい世代を感じさせるサウンドを鳴らす、松尾レミ(Vo/Gt)&亀本寛貴(Gt)からなる男女二人組新世代ロックユニット。2014年に1stミニアルバム『焦燥』でメジャーデビュー。松尾レミの日本人離れしたハスキーな歌声が、多くのクリエイターを夢中にさせ、すでに9つものCMで歌唱を担当。

 2016年7月発売の2nd フルアルバム『Next One』はオリコン週間アルバムランキングで堂々9位、iTunesロックアルバムチャートでも1位を獲得するなど、大注目を集める。また、同年公開映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌「怒りをくれよ」、映画『少女』主題歌「闇に目を凝らせば」など10曲を収録。そのアルバムを引っさげての全国13ヶ所「Next One TOUR 2016」は全SOLD OUTし、新木場STUDIO COASTでファイナル公演も大成功を収めた。

オフィシャルサイト
この特集をシェアする