検索ワード

検索対象

検索条件

CLOSE

MENU

カバー画像1
最近、あの往年の名曲たちを耳にする機会が多くはありませんか? ときには、原曲と異なるアーティストの歌声で。ときには、原曲と同じアーティストだけれど異なるアレンジで。音楽シーンでは、2005年に発売された“徳永英明”『VOCALIST』の大ヒットをきっかけに、これまで何度もカバーブームを繰り返してきましたよね。とくに2010年は過去最大の“カバーアルバムブーム”とも言われていました。そしてどうやら2016年から2017年にかけて再び、大きなブームの波が訪れているようなんです…!しかもカバーの形は多種多様。今回の特集ではそんな様々な“カバーソング”に注目してみました!

新人アーティスト編
井上苑子
カバー曲:槇原敬之「どんなときも。」
カバー曲:ケツメイシ「さくら」
藤原さくら
カバー曲:スピッツ「春の歌」
林部智史
カバー曲:カーペンターズ「雨の日と月曜日は」
(原題「RAINY DAYS AND MONDAYS」)
「誰がカバーしてるんだろう!?」
 テレビやラジオで歌声を耳にしたリスナーから「誰がカバーしてるんだろう!?」との反響が大きかった3組です。このアーティストたちに共通しているのは、3人とも一度耳にしただけで忘れられないような“唯一無二の歌声”を持っているという点です。<胸キュン>と言えば井上苑子、<天性のハスキーヴォイス>を持つ藤原さくら、<泣き歌の貴公子>と称される林部智史…。カバーすることのデメリットとして「オリジナルの方がよかった」という否定的な意見も出やすいことが挙げられますが、カバーする側の“個性”がしっかりしていれば、原曲の良さを活かしながら、かつ新しい味を出すことができるのでしょう。だからこそ上記の3人の歌声で聴く名曲には、改めて心を惹かれます。

 また、みんなが知っている曲を歌うということは、その新星アーティストの“歌声”にまず出逢ってもらうための広い入口となります。上でご紹介した3アーティストの曲は、CMや映画、ドラマのタイアップがついていますが、今はYouTubeや動画アプリ、SNSの普及によりどんどん作品を拡散するための場所が多くなっていますよね。だからこそ、ノンタイアップでも十分にブレイクの可能性があるんです。たとえば、俳優の“小日向文世”さんがいろんな番組で推し続けている次のアーティスト「Uru」をご紹介いたします。

 2013年よりYouTubeチャンネルを立ち上げ、J-POPを中心に様々なジャンルの楽曲をカバーする事をスタート(back number「ヒロイン」、サザンオールスターズ「真夏の果実」、レミオロメン「粉雪」などなど)。素顔をほとんど見せないモノトーンに統一された映像と、透き通る歌声が徐々に注目を集め、2016年、ついにメジャーデビュー。100本に及ぶカバー動画をアップし、総再生回数は4400万回以上、チャンネル登録者は14万人越えとなり、デビュー前にも関わらず幅広い世代から支持を得る存在となった。
 小日向さんは、もともと自分が好きだったアーティストの曲をYouTubeで検索しているうちに、それをカバーしているこの“歌声”に出逢い、ひと耳惚れしたんだとか。尚、Uruのカバーではとくに【女性が歌う男性アーティストの歌】シリーズが人気です。さらに上でご紹介した井上苑子、藤原さくら、林部智史、いずれのカバーも原曲を歌っているアーティストとは“性別”が異なっていますよね。男性アーティストの歌を女性が、女性アーティストの歌を男性が歌っているんです。それによってオリジナル曲のイメージにあった“僕”や“私”と目線が変わり、違う景色が見えてくる、という効果もありそうですね!

トリビュート編
ウルフルズ
『ウルフルズトリビュート
~Best of Girl Friends~』
2017年2月22日発売
WPCL-12462 ¥3,000+税
デビュー25周年イヤー! トータス松本のアイディアからスタートした企画アルバム! “あえて女性の声だけで”ウルフルズの名曲をカバー!
ASIAN KUNG-FU GENERATION
『AKG TRIBUTE』
2017年3月29日発売
KSCL-2896 ¥2,913+税
バンド結成20周年イヤー! “アジカンに影響を受けた若い世代”を中心に 勢いのあるアーティストたちが、それぞれに思い入れのある楽曲をカバー!
DREAMS COME TRUE
『Ms.OOJAの、いちばん泣けるドリカム』
2017年5月3日発売
UMCK-1565 ¥3,000+税
史上初!全曲ドリカムの泣ける名曲のみで構成 “Ms.OOJA”によるリスペクト・カバーアルバム! トリビュート『私とドリカム』『私とドリカム2』シリーズも人気!

【収録予定楽曲】
「未来予想図」(1991)
「未来予想図Ⅱ」(1989)
「三日月」(1999)
「LOVE LOVE LOVE」(1995)
「ねぇ」(2010)
「さぁ鐘を鳴らせ」(2013)
「何度でも」(2005)
「7月7日、晴れ」(1996)
「悲しいKiss」(1989)
「AGAIN」(2014)
「あの夏の花火 ― SENKOU-HANABI VERSION ―」(2015)
「The signs of LOVE」(1995)
「あなたのように」(2016)

 1アーティストが多数のアーティストの名曲をカバーするアルバムはこれまでも多くの支持を集めてきました(JUJU『Request』シリーズや平井堅『Ken's Bar』シリーズなど)。しかし最近、増えているのは“トリビュートアルバム”です。<トリビュート>とは<感謝・賞賛・尊敬>などの意味を持つ言葉。音楽シーンに長年の歴史を刻んできたベテランアーティストのアニバーサリーイヤーなどに、様々なアーティストたちがリスペクトの意を込めて名曲をカバーし、企画アルバムとしてリリースされることが多いのです。

この“トリビュートアルバム”の醍醐味は、上記でご紹介した例でいうとまず、ウルフルズの名曲をいろんな女性の歌声で楽しめたり、アジカンの名曲を若い世代たちの音で聴けたり、1つのアルバムで出会える“歌声”が非常に多いこと。また、『Ms.OOJAの、いちばん泣けるドリカム』のように1アーティストが1アーティストだけの楽曲をとことんカバーするという形も非常に新しいですよね!いずれの作品も、カバーした側、カバーされた側、どちらもお互いのファンに知ってもらえる機会となり、双方に大メリットです。是非、新しい形のウルフルズ、アジカン、ドリカムを堪能してみてください。

この特集をシェアする