検索ワード

検索対象

検索条件

CLOSE

MENU

カバー画像1
2016年は年明けから、不倫だの解散だのとショッキングなニュースが立て続けに飛び込んできましたが、2017年はなんだかおめでたいご報告が多いですね! 音楽界で言えば、“SEKAI NO OWARI”のSaoriさんは俳優の池田大さんと結婚。同じくセカオワメンバーのNakajinさんは一般女性の方と婚約。さらに“AAA”の伊藤千晃さんは入籍と妊娠を発表し、“OKAMOTO’S”のオカモトレイジさんは女優の臼田あさ美さんとの結婚しました。今後もまだまだ幸せなニュースが続きそうな予感…。そこで、歌ネットでも今回の特集では<結婚>をテーマに【ウェディングソング】に注目してみました!

ウェディングソングランキング TOP20
順位
曲名
歌手名
歌詞閲覧数
1
キセキ GReeeeN 4,720,270
2
花束 back number 4,559,047
3
トリセツ 西野カナ 3,710,649
4
君に届け flumpool 2,012,710
5
家族になろうよ 福山雅治 1,862,353
6
Butterfly 木村カエラ 1,523,083
7
Wherever you are ONE OK ROCK 1,505,263
8
365日のラブストーリー。 ソナーポケット 1,411,904
9
春夏秋冬 Hilcrhyme 1,372,438
10
for YOU。 ハジ→ 1,285,325
11
ありがとう いきものがかり 1,249,567
12
One Love 1,235,609
13
やさしさで溢れるように JUJU 1,190,464
14
ORANGE RANGE 1,175,094
15
3月9日 レミオロメン 1,171,015
16
未来予想図II DREAMS COME TRUE 1,123,735
17
愛をこめて花束を Superfly 1,111,469
18
星野源 1,061,003
19
中島みゆき 1,040,958
20
Soup 藤原さくら 975,703

往年の名曲から、最新曲まで並んでおりますねぇ。どの曲もウェディングソングにピッタリ♪ 聴いているだけでホッコリした気持ちになってきます。しかし、よくよく歌詞を読んでみると…、実は「指輪」「教会の鐘」「白いドレス」「夫婦」「プロポーズの言葉」など、具体的に“結婚”を匂わせるワードが登場する楽曲は、下記の3曲だけだった事がわかりました。

いつかお父さんみたいに大きな背中で
いつかお母さんみたいに静かな優しさで
どんなことも越えてゆける
家族になろうよ
家族になろうよ」/福山雅治
君は今誓い 愛する人の側で
幸せだよと 微笑んでる
確かなその思いで 鐘が響くよ
Butterfly」/木村カエラ
恋をしたの貴方の 指の混ざり 頬の香り
夫婦を超えてゆけ 二人を超えてゆけ
一人を超えてゆけ
」/星野源

 今回ランクインしている曲のほとんどは、<自分→大切な相手へ>向けて「ずっと一緒にいようね」「何年経っても愛し続けるよ」といったメッセージを込めた歌詞であり、ウェディングソングと言いつつ、まだ結婚段階ではないカップルの幸せラブソングとしても聴ける楽曲となっております。

 しかし先日、テレビ番組で取り上げられていた40代〜60代にとっての代表的な結婚ソングは、チェリッシュ「てんとう虫のサンバ」や長渕剛「乾杯」、吉田拓郎「結婚しようよ」、Sugar「ウエディング・ベル」、小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」など“会場にいるみんなで結婚を祝う”ための楽曲や直球の“結婚ワード”が綴られている楽曲が多数。では、どうして今人気のウェディングソングでは歌詞の内容が変化してきているのでしょうか。

現代では、2組に1組が【ナシ婚】?

【ナシ婚】とは、入籍しても“結婚式や披露宴を行わない”結婚のカタチ。日本では21世紀に入ってからそのような夫婦が増加し続けており、今や入籍した方の約半数が【ナシ婚】という現状だそうなんです。そうなると、会場での友人による余興なども必要ないため<友人→結婚する当事者へ>贈る楽曲も減っていきますよね。ランクインしている楽曲ですと、そのタイプは木村カエラ「Butterfly」のみです。


そして、SNS世代は結婚式や披露宴よりも、 FacebookやInstagram、Twitter、カップル動画アプリなどを通じて入籍の【ご報告】を行うことが非常に多いのです。その際にBGMとして使いやすいのが<自分→大切な相手へ>タイプのラブソングなのでしょう。こうして現代のウェディングソングはまず“使われ方”や“聴かれ方”が変わってきているんですね!

そもそも“恋愛”≠“いつかは結婚”。
さらに、必ずしも“恋愛”=“いつかは結婚”の方程式ではなくなり、結婚の定義もどんどん多様化しています。近年のドラマでも『○○妻』、『偽装の夫婦』、『逃げるは恥だが役に立つ』など新しい夫婦のカタチや結婚の意味を考えさせられる作品が多いですよね。そのような価値観の広がりにより、古典的な結婚のイメージで描かれた【直球ウェディングソング】が減ってきた…とも考えられそうです。


男性「結婚って、なんだと思います?」
女性「愛着。愛がたどり着くところ。」

ドラマ『荒地の恋』(2016年)という作品にはこんなセリフがありました。
今回、『歌ネット的・ウェディングソングランキング TOP20』にランクインした楽曲も同じように、純粋にその“愛がたどり着いた”ときの想いを描いているというところも、多くの方に愛され続けている理由だと言えそうです。形式的な結婚のイメージを越えた【ウェディングソング】なんですね!


この特集をシェアする