検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

最新音楽ニュース

高橋優

ニューシングル「プライド」のMusic Videoを公開!

 高橋優が2018年5月30日にリリースする19枚目となるシングル「プライド」のMusic Videoが公開された。

 今回のMusic Videoは全編に渡って手描きのフルアニメーションと、物質の質感を切り取った実写映像とを融合するという制作手法で作られたネフェクト・アニメーションを駆使した映像作品となった。

 プライドを歌う高橋が実写・アニメーションと鮮やかに入れ替わる他、アニメーションで表現された楽曲のバンドサウンドが高橋の周りで具現化されるなど、楽曲の魅力をフルに引き出してくれている。

 今作は、この春、大学院を卒業したばかりの若手監督、中谷奈緒子氏を、高橋のアートワークをプロデュースするクリエイターの箭内道彦氏が抜擢。“ネフェクト・アニメーション”と名付けたのも中谷監督である。

<箭内道彦(高橋優プロデューサー)コメント>
中谷監督は、東京藝術大学美術学部大学院の僕の研究室をこの3月に修了した気鋭の映像作家。この曲を初めて聴いた時、彼女の修了制作作品が浮かんだ。高橋優にとっても、ミュージックビデオというジャンルの歴史にとっても、鮮やかな化学反応を生むはずだと。そして、4月からの就職を跨いだこのタイミングに、監督がこのMVを作り上げた意味は大きい。制作中、「プライド」は明らかに、不安と希望の隙間で藻掻く彼女自身の背中をリアルに押し続けていた。強く、優しく。

<中谷監督コメント>
音楽を聴くと、頭の中に様々な動きや色のイメージが湧いてきます。「プライド」を初めて聴いた時、自分を励ましてくれるような明るく暖かいイメージだけでなく、静かで穏やかな流れも同時に感じました。自分や周囲に対する不満や不安、やるせなさ、きっと誰の心の中にもある、名前のつけられないモヤモヤした感情。その感情に輪郭を与えてくれるようなこの曲を、映像として具現化できるように心がけて制作しました。

<ネフェクト・アニメーションについて>
中谷監督自身が、「ネフェクト・アニメーション」と名付けている。ネイチャーエフェクト・アニメーションを略した造語。手描きのフルアニメーションと、物質の質感を切り取った実写映像とを融合するという制作手法で作られたアニメーション。偶発性を利用した表現が可能。

◆19thシングル「プライド」
2018年5月30日発売
通常盤 WPCL-12881 ¥1,200(税別)
期間生産限定盤 WPZL-31468 ¥2,000(税別)

<収録曲>
1.プライド
2.僕の幸せ
3.昨日の涙と、今日のハミング 
4.メガネツインズのテーマ/メガネツインズ(高橋優&亀田誠治)

ニュース提供:ワーナーミュジック・ジャパン