検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

最新音楽ニュース

安田レイ

新曲「きみのうた」MVは「写ルンです」を通して描かれる号泣ドラマ!

 安田レイが、5月24日に発売する最新シングル「きみのうた」のミュージックビデオを公開した。「きみのうた」はテレビアニメ『夏目友人帳 陸』エンディングテーマに決定しており、放送以来“泣ける”“心が洗われる”と話題になっている1曲。ミュージックビデオは“号泣”をテーマに涙を流すことで心のデトックスを提唱する涙活・寺井広樹がプロデュース。
 
 大切な彼を事故で失い、傷ついた“ワタシ”の葛藤と再生を描く感動のドラマとなっている。ストーリーのキーアイテムとして描かれているのは、女子の間で再ブームとなっている「写ルンです」。使い切りというフィルムの特徴が、切ない物語の軸になっているだけでなく、フィルム独特の風合いのある写真も、今回のミュージックビデオの世界観につながっている。

事故で死んだはずの彼が、「写ルンです」を持って、“ワタシ”の前にゴーストとなって現れるところから物語は始まる。彼は言う「コレで思い出の写真を一緒に撮っていこう。使い切ったら、僕はいなくなるから。」“ワタシ”は言った。「何言ってんの、、。そんなの使えるわけないじゃん。使わなかったらずっと一緒にいられるんでしょ?」写真を撮ろうとすすめる彼と、気持の整理がつかない"ワタシ"。

 そんな“ワタシ”が、ある日をきっかけに写真を1日1枚撮っていくことを決意する。「写ルンです」を通して描かれる再生の物語。最後の別れの1枚を撮るシーンは涙無しでは見られないだろう。主人公の“ワタシ”を演じたのは、日本テレビ ZIP!に出演中のタレントの長沢 裕。初めてとは思えない迫真の演技で、見る人の涙を誘う。彼を演じたのは、昨年『動物戦隊ジュウオウジャー』にも出演した注目の若手俳優 渡邉 剣。ゴーストという難しい役を見事に演じきった。
 
 安田レイの歌唱シーンはジャケットの世界観に通ずる美しい夜景をバックに撮影。撮影中には感情が高まり、思わず歌いながら涙がこぼれる場面も。本編でも本人が涙する様子が収録されている。そんな泣ける「きみのうた」は、4月19日からTVアニメバージョンの先行配信もスタートしている。

<安田レイ コメント>
実体験の“別れ”をもとに書いた「きみのうた」。もう二度と会うことは出来ないと思っていた人に、再び再会できたら、私達の人生はどう変わるのか。その再会がたとえどんな形であっても、きっとそれには何かしらのメッセージがあると思うんです。是非、この曲と、ミュージックビデオと、自分のストーリーを重ね合わせて観ていただけたら嬉しいです。出演してくださった、長沢裕さんと、渡邉剣さんの演技がさらにこの曲に表情をつけてくれているので、たくさんの方に観ていただけたら嬉しいです。